うさぎを取り巻く背景

Torimakuhaikei

現在、日本にいるほとんどのコンパニオンラビットが、ヨーロッパまたはアメリカにそのルーツを持つといっても過言ではありません。江戸時代後半から明治前半に、彼らは珍しいうさぎとしてヨーロッパから輸入されました。その後、日本特有の品種なども作られましたが、1995年程度まで、多くのペットウサギは、ヨーロッパから輸入され続けてきました。しかし、現在、日本にいるコンパニオンラビットの多くはアメリカから輸入されたうさぎを日本で繁殖したアメリカンラビットに変わってきています。年数回、ARBA(American Rabbit breeders Association)認可のラビットショーが日本で開催されていることでも分かると思います。ネザーランドドワーフホーランドロップという名前は、アメリカンラビットとしての品種の名称です。

この「うさぎを取り巻く背景」では、ARBAや日本でのうさぎクラブ(YBRC)等からうさぎの起源までいろいろな視点でうさぎについて取り上げていきます。


うさぎを取り巻く背景に関する記事

うさぎを取り巻く背景