うさぎの盲腸 (うさぎのもうちょう)

タグ:病気
うさぎは草食動物だが、牛の様にいくつもの胃を持たず一つの胃のみをもっている。

そのかわりに、草を栄養にするためのシステムとして巨大な盲腸をもっている。

この盲腸で、食べた食牧草ペレットなど)を発酵させて盲腸糞として外に出し、それを再び食べてエネルギーとして摂取する。

盲腸糞にはビタミンB群やタンパク質が豊富に含まれており、粗食と言われるうさぎの食事内容を盲腸糞により補っている。