チモシー牧草の与え方 (ちもしーぼくそうのあたえかた)

タグ:
子供の場合は、チモシーとアルファルファ両方与える。主はアルファルファにする。

4ヶ月程度の成体までには、常時食べられるような牧草入れを作り与えるのが理想的。管理は、湿気させないことと紫外線に当てないこと。

長期保存させるときは、ビニール袋の空気を抜いてしっかり口を縛る等の方法が効果的である。

最初からカットしてあるものは鮮度が落ちていると考えてよく、与える前にロング牧草をカットして与えると香りが出るため嗜好性が高くなる。