抗生物質 (こうせいぶっしつ)

タグ:
うさぎの病気の治療のなかに抗生物質はよく登場するが、危険なのものもあるので、獣医師が使用する際には、しっかりインフォームドコンセントを受けて、その種類、効能、副作用を確認するのが賢明である。

ちなみに、リンコマイシン、クリンダマイシン、マクロライド系、アミノグリコシド系、合成ペニシリン、セフェム系などは危険とされている。

インターズー「うさぎ学入門」より。