産床 (さんどこ)

タグ:
巣箱の中に牧草を敷き詰める。この時柔らかい牧草があれば、それのほうが適している。

あとは、母ウサギが牧草と自分の毛をまぜてドーム状の巣を作る。これは、必ずしもドームでなくてもいい。

巣箱と大きさは、母親がどうにか入る位の大きさがいい。

出産する直前まで毛を抜かない場合や、生んでから毛を抜く場合があるが、子供が毛で包まれていれば立派な産床といえる。